箱物をつくる?更地に駐車場をつくる?

お持ちの土地をを有効的に活用する方法として
ここでは箱物を建てて経営する「賃貸アパート経営」と
建てずに整備だけして経営する「駐車場経営」を比較してみましょう。

賃貸アパート経営のメリット

  • 平面ではなく空間として土地を活かせます。同じ面積の土地でも、建てる階層分だけ面積が増えると考えることもできます。
  • 月安定した家賃収入を長期にわたって得ることができる可能性があります。
  • 建物があるため、固定資産税が更地の1/6となり、大幅な減免を受けることができます。
  • 建物であるため、減価償却費によって収入が減算され、所得税負担が減少します。

賃貸アパート経営のデメリット

  • 収入が入ってくるまで、長い期間が必要となります。
  • 空室がでた場合には、その分、長期間に渡り収入が減少する可能性があります。
    少子高齢化により人口が減少してゆく中、アパートの需要は減っています。
  • 建物や設備は老朽化してゆき、補修のためのメンテナンス費用が経年ごとに増していきます。
    ランニングコストは増える一方です。
  • 相続の際など、土地の売却をおこなう際には、建物の撤去が必要になる可能性もあります。
    居住者への連絡・退去確認が必須となり、撤去するまでの時間は長く必要となります。
    更地への原状回復が難しいため、売却する際のリスクとなります。
  • 災害時への対策が不可欠であり、火災保険・地震保険への加入によるランニングコストが増加します。
  • 借入金があった場合、物価の上昇によって金利の上昇が上がり、支払いが増えることにより収益が下がる可能性があります。

駐車場経営のメリット

  • 予算に合わせて手軽にできます。
    初期費用が低いため、運営開始までの時間も短く、早期に収入を得ることができます。
  • 長い期間に渡って空き状態になる可能性が低い。
    とくにコインパーキング経営においては、時間貸しであるため長期間活用がない状況はあまり発生しません。
  • メンテナンス費用が低い。
    当社がご提案するコインパーキング経営では、メンテナンス費用の請求はございません。
  • 更地への現状回復が容易。
    コインパーキング経営では、3ヶ月前に予告をいただければ、速やかに設備の撤去が可能です。

駐車場経営のデメリット

  • 平面として土地活用する場合が多い。
    そのため、建物を建てることができない変形地や狭小地でも活用できます。
  • 固定資産税の軽減がありません。
    建物の設置がないため、更地=自用地とみなされ、軽減は適用されません。
  • 減価償却費の計上ができない。
    減価償却費は建物および設置物に対して減免を認められますが、駐車場経営においては、舗装したアスファルトやコンクリート、またはフェンスなどの構造物のみが対象となります。

ローリスク・安定した収入

いかがでしょうか?
賃貸アパート経営は建物を建てなければ入居者を集められませんが、賃貸駐車場経営は、更地のままでも利用者を集めることができます。
またアパートは、建築する箱物に大きな資金が必要になりますが、駐車場は初期費用そのものが極少です。
一度建ててしまうと撤去することは困難なアパートに比べて、駐車場は、いつでもそのときがきたと判断したら、すぐに切り換えて撤去し、次の計画へ移行することが可能です。

このようにリスクが極めて少なく、時代の流れに対して柔軟に対応できるのが、賃貸駐車場経営の強みといえます。

お気軽に押してください。お問い合わせはこちら